花火探訪記

2020年花火大会総まとめ 史上稀に見る花火のない一年に…

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

一年というものはあっという間に過ぎ去っていくものですが、意外なことにその短い期間には様々なことが起こるものです。

花火界隈においてもまた、2020年の一年間は色々なことがありました。

いったいどんな花火イヤーだったのか…本記事では2020年の花火大会についてざっくりと振り返ってまいります。

史上稀に見る花火のない一年に…2020年の花火大会はこんな感じだった

2020年の花火大会についてざっくりまとめると以下の通りでしょうか。

  • 全国各地の花火大会が中止・延期に
  • 新しい形での花火大会の開催
  • 主テーマは悪疫退散とエール
  • 鬼滅の刃ブームは花火にも

2020年最大のトピックは何といっても新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に尽きるかと思います。

花火界隈もこの新型コロナウィルス感染症の影響を例外なく受けた一年となりました。

全国各地の花火大会が中止・延期に

2020年は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により花火大会の中止・延期が相次いだ1年となりました。

新型コロナウィルス感染症はいわゆる3密(密集、密接、密閉)の環境下において感染の拡大を招くとされていますが、花火大会は直接的もしくは間接的にこの条件を満たすことから、大多数が中止もしくは延期に…。

イベントの制限が緩和されて以降はサプライズ花火やシークレット花火といった積極的な集客を行わない形での花火の打ち上げが行われるようになり、徐々にですが全国各地に花火が戻りつつあります。

2021年も引き続き新型コロナウィルス感染症の影響は続きそうですが、長岡まつり大花火大会など既に開催を表明しているところもあるため、2020年よりは花火が見られる一年になるのではと思われます。

新しい形での花火大会の開催

従来からある花火大会が中止・延期に追い込まれる一方、絶対数は少ないながら以下のような新しい形での花火大会が開催されました。

  • サプライズ花火
  • シークレット花火
  • 複数箇所一斉打ち上げ・分散打ち上げ
  • ドライブイン花火

いずれも花火大会において最大の課題となる直接的または間接的な密集を避けるべく対策を施しつつ、多くの方へ花火を通じて笑顔になってもらおうという想いが詰まったものとなりました。

この他、熱海海上花火大会や大曲の花火-秋の章-といった従来からある花火大会についても打ち上げ時間短縮、フィジカルディスタンスへの配慮、全席有料化による人数制限といった密集対策を施した上で開催されました。

>> 熱海海上花火大会が再開!コロナ禍に希望を与える花火が温泉街を染め上げる|オマツリジャパン|毎日、祭日

各種イベントにおける人数制限が解除されるまでは、しばらくは密集対策を施した花火大会が主流となりそうです。(一斉打ち上げはコロナ禍が落ち着いても見てみたいかもw)

主テーマは悪疫退散とエール

2020年に実施された花火は大きく以下のテーマで実施されました。

  • 悪疫退散
  • エール

現代における花火大会といえば「夏の風物詩」「お祭りのフィナーレ」のようなイメージが非常に強いですが、実は以前から悪疫退散鎮魂の意味を込めて打ち上げが行われてきました。

花火と疫病の深い関係~なぜ新型コロナ禍で花火が打ち上がるのか~おはこんばんちは、おーわ(@mof_mof08)です。 2020年初頭より新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流...

特に2020年6月1日に開催された「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」をきっかけに、花火と疫病には深い関係があったということを知った方もたくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。(令和コソコソ噂話…実は僕もその一人だったりするんですよw)

また、コロナ禍において最前線で戦う医療従事者や、外出自粛などで辛い思いをした子供たちなどへエールを送るための花火も各所で打ち上がりました。

この他、関東地方の一部では2019年に発生した台風19号(令和元年東日本台風)の災害復興を祈念した花火も。

埼玉・東松山市でサプライズ花火 水害&コロナ禍からの再始動を祈念する花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、全国各地の花火大会が中止もし...
2020あしかがほほ笑み花火開催 栃木・足利に「光」と「ほほ笑み」が届けられる花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 栃木県足利市では年末に花火の打ち上げが行われてきましたが、2019年の台風19...

新型コロナウィルス感染症が収束した暁には、悪疫退散をテーマにした花火大会が全国各地で行われることが見込まれます。

鬼滅の刃ブームは花火にも

2020年は鬼滅の刃が空前の大ブームとなりましたが、花火大会にも少なからず影響をもたらしました。

先述の通り2020年は花火大会の絶対数が少ない一年となりましたが、音楽花火では「紅蓮華」が採用される傾向にありました。

関東圏内の花火においても以下の花火で採用されていました。

また、2021年1月1日に長野県飯島町で実施される予定の大晦日新春花火でも「炭治郎玉」たる花火が打ち上げられる予定なんだとか。(※竈戸炭治郎=鬼滅の刃の主人公)

鬼滅の刃の勢いは2020年もまだまだ続きそうなので、今後も音楽花火の楽曲として多数採用されるかもしれませんね。

まとめ

新型コロナウィルス感染症の影響により、花火界隈にも多大な影響が出た2020年。

その一方で新しい形での花火大会が誕生するなど、花火界隈における大きな転換点にもなったかと思います。

2021年も引き続きコロナ禍による影響ならびに東京オリンピックの関係で花火界隈にとっては厳しい時期が続きそうな予感ですが、花火のある明るい一年になればなと願う次第です。

ということで、本年もはなびげーとをご覧いただき誠にありがとうございました。

2021年も引き続き花火を楽しむきっかけとなるような内容をお届けしていければと思いますので、何卒よろしくお願いいたしますm(__)m