岩手県の花火

三陸花火競技大会とは?初めて見る方が知っておきたい情報まとめ

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年間を通じてどこかしらで花火が打ち上がりますが、その一つに三陸花火競技大会があります。

そんな三陸花火競技大会について「いったいどのようなイベントなの?」と気になっている方が少なからずいらっしゃるかと思います。

本記事では三陸花火競技大会を主に初めて見る方向けに、概要や見どころなどについてざっくりと紹介してまいります。

三陸花火競技大会について

三陸花火競技大会は岩手県陸前高田市で開催予定の花火競技大会で、概要は以下の通りとなります。

開催時期 2021年10月9日(予定)
場所 高田松原運動公園
打ち上げ数 約10,000発
最大号数 10号玉
担当煙火店 マルゴー、トモエ屋煙火工業
有料観覧席 あり
無料観覧席 なし
三脚利用 可能
Webサイト 三陸花火競技大会公式サイト

三陸地方の活性化ならびに若手花火師が活躍できる場を設けることを目的とした花火競技大会で、2020年にプレ大会という位置付けで開催された三陸花火大会(後述参照)を経て、2021年より新設される予定となっています。

三陸花火大会について

三陸花火競技大会のプレ大会として、2020年10月31日に三陸花火大会が開催されました。

当日は全国11社の煙火店さんによる花火作品と最大350m幅のスターマインが披露された他、三陸地方の食や文化を楽しめるブースも設けられました。

また、COVID-19という感染症が流行する中での開催となったことから、ドローンなどを活用したマルチアングルLIVE配信、車内で花⽕を鑑賞できるDRIVE in HANABI Theaterといった、時流に即したコンテンツも提供されました。

三陸花火大会の様子については以下にまとめていますので、気になる方はぜひご一読いただければ幸いです。

三陸花火大会が岩手・陸前高田で開催!気になる花火の内容や観覧席での見え方は?花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 東北太平洋沿岸で唯一の花火競技大会として、2021年より岩手県陸前高田市で三陸...

三陸花火競技大会の見どころ

2020年10月31日に開催された三陸花火大会における情報を含みます。

三陸花火競技大会の見どころはざっくり以下の通りとなります。

  • 全国の煙火店さんが製作した渾身の花火作品
  • 迫力と美しさを兼ね揃えたスターマイン
  • 三陸地方の食や文化

メインとなる花火競技のほか、ミュージックスターマインや三陸の食など多彩なコンテンツを総合的に楽しめるのが魅力となっています。

全国の若手花火師さんが製作した渾身の花火作品

三陸花火大会で披露された花火作品(2020.10.31撮影)

大会名にもあるように、三陸花火競技大会におけるメインプログラムかつ見どころとなるのが花火競技です。

三陸花火競技大会の花火競技では、若手花火師さんが手がけた花火作品が披露される予定となっています。

クラウドファンディングサイト(CAMPFIRE)に記載された情報によると、2021年の花火競技には全国23社の煙火店さんが参加予定とのこと。

  • トモエ屋煙火工業(岩手)
  • 北日本花火興業(秋田)
  • 響屋大曲煙火㈱(秋田)
  • 小松煙火工業(秋田)
  • 安藤煙火店(山形)
  • 糸井火工(福島)
  • 筑北火工堀米煙火店(茨城)
  • 山﨑煙火製造所(茨城)
  • 菊屋小幡花火店(群馬)
  • 福山花火工場(千葉)
  • 丸玉屋小勝煙火店(東京)
  • ホソヤエンタープライズ(東京)
  • 阿部煙火工業(新潟)
  • 片貝煙火工業(新潟)
  • マルゴー(山梨)
  • 篠原煙火店(長野)
  • 村瀬煙火(岐阜)
  • 三遠煙火㈱(静岡)
  • 田畑煙火㈱(静岡)
  • 池本煙火店(滋賀)
  • 小山煙火製造所(奈良)
  • 岸火工品製造所(徳島)
  • ワキノアートファクトリー(福岡)

PR TIMESに掲載された記事によると、今回の花火競技は審査員だけでなく一般観覧客も審査に参加できる仕組みが用意されているとのことです。

現時点ではどのようなテーマで花火競技が行われるのか分かりませんが、全国各地の花火師さんが製作した渾身の作品が見られることでしょう。

迫力と美しさを兼ね揃えたミュージックスターマイン

三陸花火大会で披露されたミュージックスターマイン(2020.10.31撮影)

三陸花火競技大会のメインプログラムは花火競技ですが、この合間に披露されるミュージックスターマインも見逃せません。

打ち上げを担当するのは山梨県市川三郷町に拠点を置くマルゴーさんで、神明の花火や赤川花火大会といった全国トップクラスの花火大会で打ち上げを担当している実力派の煙火店です。

中間色をふんだんに取り入れた花火の他、「これLEDじゃないのか?!」という勢いで点滅する時差式発光は圧巻の一言。

三陸花火競技大会でも音楽に合わせて繰り広げられる超絶怒涛の花火が見られることが期待されます。

2020年に開催された三陸花火大会では最大10号玉、最大幅350mのスターマインが披露されましたが、三陸花火競技大会では打ち上げ幅が450mにスケールアップするとのことです。

三陸地方の食や文化

花火だけでなく、三陸地方の食や文化を楽しめるのも魅力の一つです。

当日は三陸の食が楽しめるさんりくフードビレッジ(P1駐車場)や郷⼟芸能団体によるパフォーマンスが披露される郷土芸能ステージが設けられる予定となっています。

三陸花火競技大会の観覧席

三陸花火競技大会では以下の観覧席が設けられる予定となっています。

  • VIP席(こたつ)
  • ドライブイン花火
  • エキサイトBOX席
  • リラックスBOX席
  • エリア指定席A
  • エリア指定席B
  • カメラマン席

なお、上記はすべて有料観覧席となっています。会場内には

>> チケット – 三陸花火競技大会

三陸花火競技大会の公式サイトによると、上記の他に以下の観覧席が設けられる計画があります。

  • キャンプサイト
  • 審査員席

VIP席(こたつ)

メイン会場の最前列にあたるP3駐車場に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなります。

  • こたつ1卓
  • 鍋セット
  • フリードリンク(アルコール、ソフトドリンク)、
  • さんりくフードビレッジデリバリーサービス
  • 駐車場1台
  • 最大4名まで利用可能
  • 価格は300,000円(4名利用で75,000円/人)

花火に最も近いというだけでなく、こたつに鍋、フリードリンク、フードデリバリーまで利用できるという、飛行機でいうところのファーストクラスのような観覧席となっています。

三陸花火競技大会で設けられる観覧席としては最も高額(1グループあたり300,000円、4名利用で75,000円/人)ですが、こたつでぬくぬくしつつ花火と三陸の食を最大限に満喫したい家族やグループの方におすすめです。

ドライブイン花火

メイン会場前列にあたるP2駐車場に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなります。

  • 車内から花火観覧が可能(車外でも可能かどうかは不明)
  • 価格は40,000円(5名乗りの乗用車かつ定員の利用で8,000円/人)

COVID-19という感染症を機に各地で取り入れられた新しい花火観覧スタイルで、車の中から花火を楽しめるのが魅力となっています。(車外からの観覧についても可能?)

車で来場されるかつ車内での花火観覧を予定されている家族やグループにおすすめです。

エキサイトBOX席

メイン会場の前列にあたる第二球場内に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなります。

  • 区画2m×2m
  • 最大4名まで利用可能
  • 価格は20,000円(4名利用で5,000円/人)

花火を存分に楽しみたい家族やグループの方におすすめです。

リラックスBOX席

メイン会場の真ん中あたりに設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなっています。

  • 各観覧席にはテーブルが設けられる
  • 最大4名まで利用可能
  • 価格は20,000円(4名利用で5,000円/人)

エキサイトBOX席と比べると花火からやや離れますが、適度な距離感で花火を楽しめるのが嬉しいところ。

家族やグループで食事と花火をまったり楽しみたいという方におすすめです。

三陸花火大会ではエリア指定席Aとして提供されていました。(※おおよその花火の見え方については以下の記事も参考にしてみてください)

>> 三陸花火大会が岩手・陸前高田で開催!気になる花火の内容や観覧席での見え方は?

エリア指定席A

メイン会場の前方にあたる第二サッカー場に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなっています。

  • エリア内は自由席
  • 価格は観覧チケットのみで7,000円/人、駐車券付きで10,000円/人

花火の迫力を存分に味わいたい個人やカップルなど少人数での観覧におすすめです。(3名以上で観覧される場合はBOX席の方が割安です)

三陸花火大会では特別BOX席(第二サッカー場)として提供されていました。

当時は花火の正面から外れたいわゆるハズレ席という感じでしたが、三陸花火競技大会では打ち上げ幅が最大450mになる予定のため、見え方はそれなりに改善されているとみられます。

エリア指定席B

メイン会場の後方に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなっています。

  • エリア内は自由席
  • 価格は観覧チケットのみで5,000円/人、駐車券付きで8,000円/人

打ち上げ場所からやや離れますが、花火を正面に据えて楽しめるのが嬉しいところ。

個人やカップルをはじめ、3名以上のグループや家族での観覧にもおすすめです。(4名で観覧される場合はBOX席と同額になります)

カメラマン席

メイン会場の最後方に設けられる観覧席で、特徴はざっくり以下の通りとなっています。

  • エリア内は自由席
  • 撮影目的でなくとも利用可能
  • 価格は観覧チケットのみで6,000円/人、駐車券付きで9,000円/人

写真や動画を撮影される方で、三脚をめいっぱい上げて撮影したい方におすすめです。(他の観覧席については座位で三脚が利用可能です)

なお、カメラマン席はクラウドファンディングサイト(CAMPFIRE)から購入可能となっています。

審査員席

メイン会場内に設置される観覧席(詳細な位置は不明)で、特徴はざっくり以下の通りとなっています。

  • 審査員席からの観覧
  • 花火競技の審査にも
  • 価格は100,000円/人(1台分の駐車券込み)

審査員と一緒に審査員席で鑑賞できる観覧席で、花火競技の審査にも携わることができるという特別感あふれる体験ができることが見込まれます。

なお、審査員席はクラウドファンディングサイト(CAMPFIRE)から購入可能となっています。

三陸花火競技大会フォトギャラリー

※準備中

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しています。