埼玉県の花火

埼玉・川口でサプライズ花火実施!地元に元気を与える花火が披露される

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

2021年5月21日、埼玉県川口市においてサプライズ形式による花火の打ち上げが行われました。

本花火は地域住民に元気を届けることなどを目的に実施された企画で、当日はおよそ10分間にわたって花火が披露されました。

現地ではいったいどんな花火が打ち上がったのか…今回、偶然にも(?)本花火に遭遇しましたので、現地で打ち上がった花火の様子について写真を交えながらお届けいたします。

埼玉・川口でサプライズ花火が実施される

埼玉県川口市で開催されたサプライズ花火の概要は以下の通りです。

開催時期 2021年5月22日 19:35〜19:45
場所 埼玉県川口市内(詳細非公開)
打ち上げ数 不明
最大号数 4号玉
担当煙火店 日本橋丸玉屋
Webサイト

正式なイベント名称は「地域を元気に!!川口サプライズ花火」で、地域住民に元気を与えること、コロナ禍の収束祈念などを目的に開催されたとのこと。

主催者については現地で確認したところ川口商工会議所青年部さんということで、実質的に川口花火大会の代替も兼ねての企画と思われます。(川口花火大会の公式サイトには本花火に関する内容は掲載されていないため正確なところは不明)

川口市といえば東京の一大ベッドタウンがゆえに人口が約60万人と非常に多く、長時間の花火打ち上げは密集を招く可能性も高いことから、無許可消費の範囲内(最大4号玉、75発以内)に収まるかなと思われました。

しかし当日はおよそ10分間、かなり気合の入った本格的な花火が打ち上げられました。

川口市内で花火が打ち上がったのは2019年に開催された第1回 川口花火大会が開催されて以来およそ2年ぶりということで、現地に訪れた方々からは「待ってました!」と言わんばかりに嬉しそうな声が多数聞こえてきました。

さて、第1回 川口花火大会をご覧になった方の中には「あれっ?なんか以前と雰囲気が違うような…」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

実は今回開催された川口サプライズ花火は第1回 川口花火大会と異なり、日本橋丸玉屋さんという東京の煙火店さんが打ち上げを担当いたしました。(参考までに第1回大会は本家神田煙火工業さんが担当)

花火大会は一般的に煙火店さんが変わるとプログラム構成や花火の雰囲気がガラリと変わりますが、もしかすると今回のサプライズ花火には川口花火大会の刷新を図ろうという目的もあったのかもしれませんね。(このあたりは第1回大会の日の入り前に打ち上げちゃった事件も関係しているのかも?)

おわりに

2021年5月22日に埼玉・川口で突如として実施された花火打ち上げ。

地域住民に元気を与えること、コロナ禍の収束祈念などを目的にサプライズ形式で打ち上げられることとなりました。

当日はおよそ10分間、気合の入った本格的な花火が打ち上げられ、訪れた方々からは待ってましたと言わんばかりの嬉しそうな声がたくさん聞こえてきました。

本記事を通じて開催目的や現地の様子が少しでも伝わったようであれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しています。