関東地方の花火

お台場レインボー花火を夜景と共にいくつかのスポットからながめてみた

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

花火といえば夏に行われるイメージが強いですが、12月の毎週土曜日にお台場レインボー花火という冬花火が開催されます。

お台場レインボー花火はレインボーブリッジをはじめとする湾岸エリアの夜景と共に楽しめる場所がたくさんあるというのが面白いということで、数年間にわたり足を運んでみることに。

東京の夜景を望みながら、多種多様な場所から花火が楽しめるのはなかなかに面白いものがありました。

東京の夜景と共に望むお台場レインボー花火

冒頭でも紹介しましたが、お台場レインボー花火は東京都港区で開催される花火イベントで、12月の毎週土曜日の19:00~19:05に開催されます。

2020年の開催については未確定ですが、例年と同じであれば12/5、12、19、26に開催されると思われます。

2018年までは19:00~19:10でしたが、2019年より打ち上げ時間が短縮されました。

打ち上げ場所はお台場海浜公園の鳥の島沖(おおよそレインボーブリッジの南東あたり)、打ち上げを担当するのは丸玉屋小勝煙火さんとなります。

さて、このお台場レインボー花火の面白いところとして多方面から夜景と共に観賞することができるということで、実際に僕もいくつかのスポットからながめてみることにしました。

お台場海浜公園

まずは定番スポットの一つであろうお台場海浜公園。

お台場レインボー花火@お台場海浜公園 お台場レインボー花火@お台場海浜公園

花火からの距離が最も近く、周辺に鑑賞を阻害するような構造物が少ないため、花火をしっかりとながめることができます。

ゆりかもめ お台場海浜公園駅から台場駅に沿うような形で続いていますが、花火をより正面にながめることができるお台場海浜公園駅寄りでの鑑賞が個人的におすすめです。

東京オリンピック関連の工事などの影響によって立ち入り可能なエリアが制限されています。(2019年12月現在)

またクリスマスに最も近い日(おおむね12月第3週)は音楽花火となるため、台場駅近くの展望台付近から見るとより楽しめるかと思います。

※花火の見え方については東京2020イヤー記念花火の記事を参考にしていただければ幸いです

東京2020イヤー記念花火をお台場海浜公園の展望デッキからながめてみた皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 東京オリンピックが2020年に開催されることを記念し、お台場で「東...

定番スポットというだけあって混雑する日もありますが、花火を間近で楽しみつつレインボーブリッジの特別ライトアップを楽しみたい方には最高のスポットです。

テレコムセンター展望台

テレコムセンターの展望台からもレインボー花火+お台場周辺の夜景を見渡すことができます。

お台場レインボー花火@テレコムセンター展望台

花火に加え、特別ライトアップが施されたレインボーブリッジ、お台場界隈の夜景、さらには東京タワーを一望できるという大変に贅沢なスポットになっています。

2019年からは展望スペースが拡張され、レインボーブリッジがよりしっかりと見えるようになりました。

お台場レインボー花火@テレコムセンター展望台

横に広がる花火の一部がフジテレビにかかって見えにくいものがありますが、暖を取りながらまったりとながめることができるのは嬉しいところです。

ちなみにテレコムセンターの展望台では三脚の利用も可能ですが、利用する際は周りに配慮するように心がけましょう。(他のスポットでも同様ですが…)

竹芝ふ頭

お台場の対岸に当たる竹芝ふ頭からもレインボー花火をながめることができます。

お台場レインボー花火@竹芝ふ頭

花火をちょっと斜めに見る感じになるのに加え、打ち上げ場所までの1.7kmほど離れているため迫力には欠けてしまいますが、特別ライトアップが施されたレインボーブリッジと共に花火をながめることができるのは嬉しいところです。

北西寄りの風が吹いた場合には花火がよく見えるので候補の一つとして考えてもよろしいかと思います。

東京タワー

東京タワーの展望台(メインデッキおよびトップデッキ)からもお台場レインボー花火と周辺の夜景をセットでながめることができます。

お台場レインボー花火@東京タワーメインデッキ

打ち上げ場所からは約4kmほど離れている&屋内鑑賞となるため花火の迫力は皆無ですが、メインデッキおよびトップデッキから夜景をセットで鑑賞することができます。

メインデッキの場合、正面にホテル(プリンスパークタワー東京)がある関係で低い花火が見えにくいのがややツラいところ…低い花火も見たいのであればトップデッキからの方が見やすいかもです。

ちなみにメインデッキでは三脚を利用しての撮影も可能ですが、混雑が見込まれるので使用する際は注意が必要です。(なお、トップデッキでは三脚の利用ができません)

おわりに

今やすっかり東京の冬の風物詩となったお台場レインボー花火。

湾岸エリアの様々な場所から見えるので、風向きや気分に応じて様々な場所から観賞を楽しんでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

RSSリーダーでご購読いただけます

はなびげーとの最新記事は各種RSSリーダーを通じて受け取ることができます。

本記事を少しでも気に入っていただきましたら、ぜひご登録いただければ幸いです。

RSSFeedly