東京都の花火

お台場レインボー花火の観覧におすすめなスポット3選(寸評付き)

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

東京都港区では例年12月の毎週土曜日にお台場レインボー花火が開催されます。

そんなお台場レインボー花火が打ち上げられる東京湾の周辺には従来より夜景鑑賞スポットが多く存在するゆえ、多彩なスポットから楽しめるのが魅力の一つとなっています。

で、いったいどこから見るのがおすすめなのか…本記事ではお台場レインボー花火の観覧におすすめなスポットについて、寸評も交えながら紹介してまいります。

※お台場レインボー花火の概要・見どころについては以下の記事をご覧ください

お台場レインボー花火とは?初めて見る方が知っておきたい情報まとめ花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 日本各地では一年間を通じてどこかしらで花火が打ち上がりますが、その一つにお台場...

お台場レインボー花火の観覧におすすめなスポット3選

お台場レインボー花火の観覧におすすめなスポットはざっくり以下の通り。

  • お台場海浜公園周辺
  • 球体展望室「はちたま」
  • テレコムセンター展望台

いずれのスポットも東京の夜景(特にレインボーブリッジのライトアップ)と花火をおおむね楽しむことができます。

お台場海浜公園周辺

花火までの距離 500〜600m(観覧場所によってやや異なる)
美しさ
迫力
混雑度

お台場レインボー花火を東側から望めるスポット。

本花火においてメインとなる観覧場所で、花火までの距離が500〜600m程度と地上のスポットの中では最も間近で楽しめるのが特徴となっています。(花火に最も近いのは屋形船になります)

それゆえに最も人が集まるスポットではありますが、公園自体が広い&開催時期が冬場ということもあり、全体的な混雑度はそれほど高くない傾向にあります。(展望デッキなど特定箇所を除く)

初めてお台場レインボー花火を見る方、花火の迫力と夜景を存分に味わいたい方におすすめです。

花火はお台場海浜公園の広範囲から楽しむことができますが、幅のある花火を正面に据えられる水上バス乗り場の北東側からの観覧が個人的におすすめです。

なお、クリスマス当日〜直前に行われる音楽花火については展望デッキ付近での観覧が宜しいかと思います。

アクアシティお台場、デックス東京ビーチ周辺では三脚の利用に制限があります。

球体展望室「はちたま」

花火までの距離 700m
美しさ
迫力
混雑度

お台場レインボー花火を東側から望める展望台の一つで、年末の限られた期間にのみ実施される特別夜間営業と花火の開催が重なる日に限り楽しむことができます。(通常は18:00までの営業)

はちたまは都心方向に視界が開けているため、ライトアップされたレインボーブリッジならびに東京都心の夜景と花火のコラボレーションを拝むことができます。

屋内ということで迫力はやや薄れますが、暖を取りつつ夜景とともに花火の全容を楽しめるのは嬉しいところです。

2021年現在、はちたまでの三脚および暗幕などの利用はNGとなっているようです。(※上の写真は2018年に三脚および暗幕未使用で撮影したものです)

テレコムセンター展望台

花火までの距離 約1.8km
美しさ
迫力
混雑度

はちたまと同じく、お台場レインボー花火を東側から望める展望台の一つ。

花火に加え、ライトアップが施されたレインボーブリッジならびに東京都心のビル群、さらにはお台場界隈の夜景が一望できるという大変に贅沢なスポットになっています。

花火から距離があるかつ屋内のため迫力については申し訳程度にしか味わえませんが、暖を取りながらまったりと花火を見たいという方にはおすすめです。

以前はお台場海浜公園側の展望スペースがやや手狭でしたが、2019年に拡張されたことでよりゆったりと楽しめるようになりました。

お台場レインボー花火が見えるその他のスポット

上記でおすすめとして紹介したスポット以外にも、以下からもお台場レインボー花火を見ることができます。

  • 芝浦南ふ頭公園
  • 芝浦ふ頭
  • 東京タワー展望台

これらのスポットは花火の見え方や迫力の面で難がありますが、当日の気象条件や行程などに応じて選んでみるのも良いかもしれません。

芝浦南ふ頭公園

花火までの距離 約1.0km
美しさ
迫力
混雑度

お台場レインボー花火の打ち上げ場所から北西側にある観覧スポット。

花火までの距離はややあるものの、お台場海浜公園のちょうど対岸にあたることから、おおむね綺麗な形で見ることができます。

レインボーブリッジのライトアップの他、フジテレビにおいても特別なライトアップが施されるため、お台場海浜公園側とは違った夜景とセットで楽しめるのも魅力の一つです。

船舶の往来が多いのが気になるところですが、西寄りの風が吹く日には訪れてみても良いかもしれません。

竹芝ふ頭

花火までの距離 約1.7km
美しさ
迫力
混雑度

お台場レインボー花火の打ち上げ場所から北西側にある観覧スポット。

花火をちょっと斜めに見る感じになるのに加え、打ち上げ場所までの1.7kmほど離れているため迫力には欠けてしまいますが、ライトアップが施されたレインボーブリッジと共に花火をながめることができるのは嬉しいところです。

北西寄りの風が吹く日には候補の一つとして考えてもよろしいかと思います。

東京タワー

花火までの距離 約3.7km
美しさ
迫力
混雑度

東京が誇るランドマークからもお台場レインボー花火を見ることができます。

打ち上げ場所からは約4kmほど離れている&屋内鑑賞となるため花火の迫力は皆無ですが、メインデッキおよびトップデッキから夜景をセットで鑑賞することができます。

メインデッキの場合、正面にホテル(プリンスパークタワー東京)がある関係で低い花火が見えにくいのがややツラいところ…。(トップデッキなら見える?)

時期的に混雑する傾向にあるため、あえて東京タワーから見るというのはそこまでおすすめしませんが、花火の当日に展望台へ登る予定があるなら選択肢として考えても良いかもしれません。

メインデッキでは三脚を利用しての撮影も可能ですが、混雑が見込まれるため使用する際は注意が必要です。

なお、トップデッキについては三脚の利用ができません。

おわりに

本記事ではお台場レインボー花火が楽しめるスポットについて紹介してまいりました。

個人的におすすめのスポットは以下の3つとなります。

  • お台場海浜公園周辺
  • 球体展望室「はちたま」(※特別営業日と花火が重なった日のみ)
  • テレコムセンター展望台

上記で紹介したおすすめのスポット以外にも色々な場所から楽しめるかつ複数回に渡って開催されるため、そのときの気象条件(主に風向き)や気分に応じて選んでみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しています。