茨城県の花火

夜梅祭〜春魁の花火〜ってどんな花火?概要や見どころをまとめてみた

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年間を通じてどこかしらで花火が打ち上がりますが、その一つに夜梅祭〜春魁の花火(はるさきがけのはなび)〜があります。

さて、そんな夜梅祭〜春魁の花火〜はいつ開催され、どのような花火が打ち上がるのか気になる方も少なからずいらっしゃるかと思います。

本記事では主に夜梅祭〜春魁の花火〜を初めてご覧になる方向けに、概要や見どころなどについてざっくりとまとめてみました。

夜梅祭〜春魁の花火〜について

春魁の花火は茨城県水戸市で開催される水戸の梅まつりで実施される「夜梅祭」の行事の一つで、概要は以下の通りです。

開催時期 2021年3月6日、14日、20日(※例年3月10日付近の週末)
場所 偕楽園周辺
打ち上げ数 不明
最大号数 4号玉
担当煙火店 野村花火工業
無料観覧席 なし
有料観覧席 なし
三脚利用 可能
Webサイト 夜梅祭 – 水戸観光コンベンション協会

日本三代梅林の一つに数えられる偕楽園では100品種3,000本の梅の木があり、開花のピークを迎える2〜3月には水戸の梅まつりが開催されます。

2021年の水戸の梅まつりは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、開催時期が3月1日〜21日に変更となっています。

>> 水戸の梅まつり « 一般社団法人 水戸観光コンベンション協会

開催期間にあたる3月10日(水戸の日)付近の週末には夜梅祭が開催され、各種ライトアップイベントや春魁の花火が実施されます。

2021年は花火の打ち上げが実施されますが、実施回数および打ち上げ場所が例年と異なる部分がございます。

>> 「偕楽園歓迎花火」「夜梅花火~春魁の花火~」ライブ配信を実施します « 一般社団法人 水戸観光コンベンション協会

大きさは最大で4号玉、打ち上げ数については公表されていませんが、実際に見た感じでは数百発程度と思われます。

夜梅祭〜春魁の花火〜の見どころ

春魁の花火の見どころはざっくり以下の2つとなります。

  • ライトアップとのコラボレーション
  • 芸術性の高い花火

打ち上げ時間は短いですが、芸術性の高い花火とライトアップのコラボレーションは必見です。

ライトアップとのコラボレーション

一つ目の見どころとしてライトアップとのコラボレーションが見られるという点が挙げられます。

夜梅祭では偕楽園の本園の各所でライトアップが施され、昼間とは違った光景を楽しめます。

特に見晴広場ではキャンドルを用いたライトアップが行われ、写真のような花火とのコラボレーションを堪能することができます。

地上と空中を彩る光の芸術を一挙に楽しめるのはとても魅力的です。

芸術性の高い花火

二つ目の見どころとして芸術性の高い花火が見られる点が挙げられます。

春魁の花火の打ち上げを担当する野村花火工業さんは全国花火競技大会と土浦全国花火競技大会で内閣総理大臣賞を複数回受賞した経歴のある、日本を代表する超実力派の煙火店さんです。

打ち上げ時間はおよそ5分間かつ最大で4号玉と花火大会という枠で見れば非常に小規模ですが、芸術性の高い花火を堪能することができます。

日本屈指のクオリティーを誇る花火は一見の価値ありです。

夜梅祭〜春魁の花火〜フォトギャラリー

※準備中

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しています。