中部地方の花火

長岡まつり大花火大会のベンチ席は花火を最高に楽しめるが注意点あり

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

日本三大花火大会の一つと称される長岡まつり大花火大会(長岡花火)。

長岡花火を存分に楽しむためには有料観覧席で見るのが最良の選択肢となるわけですが、その一つにベンチ席(右岸/A会場)があります。

大変ありがたいことにベンチ席のチケットを入手することができたので、お散歩がてらながめてみることに。

花火の美しさと迫力をゆったりと存分に満喫できるのは素晴らしいの一言でした。(一部のブロックを除く)

長岡まつり大花火大会とは

新潟県長岡市で開催される花火大会で、全国花火競技大会(大曲の花火)、土浦全国花火競技花火大会と並んで日本三大花火大会の一つにもなっています。

毎年8月2日〜3日の2日間(日付固定)に渡って開催され、2日間合計でおよそ20,000発、大きさは最大で30号(三尺)となっています。

長岡花火の歴史そのものは古く、1879年(明治12年)に千手町八幡様のお祭りで遊郭関係者が資金を供出しあい、350発の花火を打ち上げたのが起源とされています。

その後、1938年(昭和13年)に太平洋戦争を機に中止に追い込まれますが、1946年(昭和21年)に開催された「長岡復興祭」で花火が復活、1951年からは名称が「長岡まつり」となり現在に至ります。

慰霊、復興、感謝といった長岡の人々の想いを込め、今日まで花火が打ち上げられています。

※最新の開催情報や詳細な歴史などは公式サイトをご確認ください

>> 「長岡花火」公式ウェブサイト

ベンチ席(右岸)について

長岡花火の右岸(A会場/川東エリア)、特に長生橋~大手大橋の区間はすべて有料観覧席となりますが、その一つとしてベンチ席が設定されます。

花火観覧会場図[2019年時点](引用:長岡花火公式ウェブサイト)

ベンチ席の特徴をざっくりまとめると…

  • 設定場所は右岸(長生橋~大手大橋)の法面全体
  • 価格は3,000円/席
  • 抽選販売(応募は最大5席まで)
  • 全席指定(座席の指定は不可)
  • 三脚の利用可(座高の高さが上限)

といった感じになります。

最大の特徴としては初販が抽選販売となる点で、応募したからといって確実に入手できるわけではありません。

当選倍率については公表されていないためどの程度なのかは定かではありませんが、それなりに高いのではないかと思われます。(特に開催が土日に当たる年には倍率も相当なものになると見込まれます)

抽選販売で残った有料観覧席についてはインターネット販売→窓口販売→当日販売となります。(いずれも先着順)

>> チケット | 初めての方へ | 長岡花火 公式ウェブサイト(長岡花火財団)

ベンチ席のもう一つの特徴としては右岸(長生橋~大手大橋)の法面全体とかなりの広範囲(距離にしておよそ600m)に設定されるという点です。

ちなみにベンチ席は長生橋から大手大橋に向かってA、B、C…Hの合計8つのブロックに区切られます。

その範囲の広さゆえ、割り当てられた座席(ブロック)によって花火の見え方が大きく変わるというのも一つのポイントです。

ベンチ席(右岸)からながめる長岡まつり大花火大会

ということで、実際に長岡花火をベンチ席からながめてみることに。

先述したように長岡花火のベンチ席は設定範囲が非常に広く、割り当てられた座席によって花火の見え方が大きく変わってくるため、本記事ではブロック別に紹介してまいります。

Bブロック

長生橋寄りに設置される席になります。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Bブロック)

一部の変態玉を除き、単発の花火についてはベンチ席に限らずおおむねどの位置からでも綺麗に見ることができます。

Bブロックはベンチ席の中でも打ち上げ場所からの距離がある(約650m)ため迫力がわずかに落ちてしまいます。

しかしそこはプレミアムな有料観覧席…同じく右岸に設置される長生橋上流の無料席フェニックスエリア席などと比べると十分な迫力が得られます。

続いて長岡花火のプログラムで大半を占めるスターマインの見え方はこんな感じ。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Bブロック) 長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Bブロック)

ほぼ正面に据えることができる+音楽もよく聞こえることから、長岡花火をたっぷりと堪能することができます。

さて、長岡花火の見どころの一つである復興祈願花火フェニックスの見え方はどうでしょうか。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Bブロック)

フェニックス花火は長生橋~大手大橋~長岡大橋に至る全長約2kmに渡って打ち上がる文字通りワールドワイドビッグスクリーンなわけですが、地形の関係で緩やかにインカーブを描くような形となっていることから、Bブロックからは全容を拝むことができます。

そして、長岡花火のもう一つの見どころとなる正三尺玉+ナイアガラ大瀑布はこんな感じ。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Bブロック)

ナイアガラ大瀑布のやや左手に正三尺玉を拝む形となりますが、それでも両者を同時に拝められるのは大変にありがたい限りです。(ちなみに右岸でナイアガラ大瀑布+正三尺玉のコラボを拝めるのは有料観覧席のみ)

Bブロックはベンチ席の中でも長生橋が近いがゆえ、風向きが南西寄りの場合はナイアガラの煙を思いっきり浴びる可能性がある点には注意が必要です。(長岡花火は季節柄、南西寄りの風が吹きやすいです)

打ち上げ場所からやや離れてしまうものの、Bブロックからは花火が綺麗に見えるのが嬉しいところです。

ということで、Bブロックからの長岡花火は…

  • 花火からやや距離があるため迫力が少々落ちる
  • スターマインは綺麗に見える
  • フェニックス花火は全容を拝むことができる
  • ナイアガラ大瀑布+正三尺玉はバランスがやや微妙

といったところでしょうか。

Hブロック

ベンチ席の中で最も大手大橋寄りに位置する席になります。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック)

単発の花火については見え方、迫力ともに申し分ないレベルです。

では、長岡花火のプログラムの大多数を占めるスターマインは果たしてどうでしょうか…。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック) 長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック)

 

 

 

スターマインの見え方がよろしくない!!

 

 

 

これが無料席であれば致し方ないと割り切れるのですが、仮にもここはプレミアムな有料席の一つ…さすがにこれは厳しいものがあります。

長岡花火の見どころの一つである復興祈願花火フェニックスはどんな見え方になるのでしょうか。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック)

大手大橋に近接するため低い花火が隠れてしまうのに加え、地形の関係でフェニックス花火の全容を拝むのは極めて厳しいのがツラいところ…。

打ち上げ場所から近いがゆえ、最高の迫力を味わえるのだけがせめてもの救いといったところでしょうか。

そして長岡花火のもう一つの見どころでもある正三尺玉はどうでしょうか。

長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック) 長岡まつり大花火大会@ベンチ席(Hブロック)

長岡市のイケメンこと長生橋をバックに打ち上がる正三尺玉が綺麗に見える反面、打ち上げ場所から1.3kmほど離れているためいくら超大玉とはいえど迫力はちょっと足りないかなーという印象です。

ちなみにナイアガラのほぼ中間地点で正三尺玉が見えるため、非常に良いバランスで見ることができるのは嬉しいポイントです。

ということで、Hブロックからの長岡花火は…

  • 長生橋~大手大橋で打ち上がる単発花火は迫力バツグン
  • スターマインの迫力もバツグンに良いがあまり綺麗には見えない
  • 正三尺玉はよく見えるが1km以上離れているので迫力は落ちる

というのが個人的な所感でしょうか。

おわりに

長岡花火の有料観覧席の一つであるベンチ席。

有料観覧席がゆえの迫力と美しさを堪能できるので、個人的には特に公共交通機関を利用して長岡花火を訪れる方におすすめです。(ただし、一部の席では花火が綺麗に見えない箇所があります)

長岡花火をベンチ席から観覧しようと考えている方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

RSSリーダーでご購読いただけます

はなびげーとの最新記事は各種RSSリーダーを通じて受け取ることができます。

本記事を少しでも気に入っていただきましたら、ぜひご登録いただければ幸いです。

RSSFeedly