花火探訪記

長岡まつり大花火大会の無料観覧席(右岸)ってどんな感じ?見え方や注意点は?

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本三大花火大会の一つと称される長岡まつり大花火大会。

そんな長岡まつり大花火大会の観覧席は大きくA会場(右岸)とB会場(左岸)の二つに大別され、それぞれに無料観覧席が設けられます。

A会場の無料観覧席で見てみたいけど、花火の見え方などが気になるという方もいらっしゃるかと思います。

本記事では長岡まつり大花火大会で設けられる無料観覧席(A会場)の特徴や注意点について、実際に撮影した写真を交えながら紹介してまいります。

※長岡まつり大花火大会の概要については以下の記事も参考にしてみてください

長岡まつり大花火大会ってどんな花火?日程や見どころは?花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 日本各地では一年間を通じてどこかしらで花火が打ち上がりますが、その一つに長岡ま...

A会場(右岸)の無料観覧席について

花火観覧会場図[2019年時点](引用:「長岡花火」公式ウェブサイト)

長岡まつり大花火大会のA会場には無料観覧席が設けられ、大きく以下の二区画に分類されます。

  • 長生橋上流側
  • 大手大橋下流側

長生橋上流側については全区画に、大手大橋下流側についてはフェニックステーブル席およびフェニックスエリア席の後方にある法面に設置されます。

詳細は後述しますが、両者では花火の見え方が大きく異なってきます。

無料観覧席(A会場/長生橋上流側)における花火の見え方・注意点

まずは長生橋上流側の無料観覧席の特徴についてざっくりまとめると以下の通りとなります。

  • スターマインはそれなりに綺麗に見える
  • 長生橋とのコラボレーションが拝める
  • 正三尺玉の超迫力を味わえる

花火によってはメインとなる長生橋〜大手大橋の観覧席よりも綺麗に見える場合もあることから、個人的にはA会場の無料観覧席の中ではなかなかの良席だと思っています。

スターマインはそれなりに綺麗に見える

長生橋上流側の無料観覧席はスターマインが割と綺麗に見えるのが大きな特徴となっています。

長生橋上流側の無料観覧席(A会場)から見たスターマインの様子

一般的に有料観覧席を有する花火大会において、無料観覧席は観覧に適した正面から外れたところに用意される傾向にあり、実際に長生橋下流側の無料観覧席もメインの打ち上げ場所となる長生橋〜大手大橋の外側に位置します。

これだけ聞くと花火の観覧にはあまり向いていなさそうな席に思えるかもしれませんが、実は花火の配置がやや長生橋側に傾いている関係で(?)スターマインは割りかし綺麗に見えるようになっているのです。

長岡まつり大花火大会における見どころの一つ「復興祈願花火フェニックス」や「米百俵花火」といった超ワイドな花火についても形はやや歪ではあるものの、その全容を拝むことができます。

長生橋上流側の無料観覧席(A会場)から見た復興祈願花火フェニックスの様子

無料観覧席でここまでスターマインを綺麗に拝めるのはなかなかに嬉しいところです。

長生橋と花火のコラボレーションが拝める

長岡が誇るランドマークこと長生橋と花火のコラボレーションが拝めるのも魅力の一つです。

長生橋と花火のコラボレーション

メインの打ち上げ場所は長生橋〜大手大橋となりますが、この打ち上げ場所というのがちょうど長生橋の背後となるため絶景コラボが実現するというわけです。(正三尺玉を除く)

先述したスターマインの美しさに加え、長岡らしい景色まで拝めるのは無料観覧席としては破格じゃないでしょうか。

正三尺玉の超迫力を味わえる

長生橋上流側の無料観覧席(A会場)から見た正三尺玉の様子

無料観覧席なのにも関わらず、正三尺玉を超迫力で楽しめるのも魅力の一つです。

長岡まつり大花火のメインの打ち上げ場所は長生橋〜大手大橋の区画になりますが、保安距離の関係から正三尺玉の打ち上げ場所は長生橋上流側に設けられています。

そのため長岡まつり大花火大会の観覧席の中でも正三尺玉までの距離が近く(最短でおよそ800m)、花火の爆音が五臓六腑に響き渡るという類い稀なる体験を得ることができます。

ナイアガラ大瀑布とのコラボレーションこそ拝めませんが、無料観覧席でありながら超大玉の迫力を最大限に味わえるのは嬉しいところです。(小さなお子さんにはちょっと刺激が強すぎるかもしれませんのでご注意を…)

無料観覧席(A会場/大手大橋上流側)における花火の見え方・注意点

続いて大手大橋下流側の無料観覧席の特徴としてはざっくり以下のとおりとなります。

  • フェニックス花火は綺麗に見える
  • フェニックス花火以外はあまり楽しめない

大手大橋上流側の無料観覧席からは実際に観覧したことがないためやや正確性に欠けますが、フェニックステーブル席およびフェニックスエリア席の後方に位置することから、感覚的にはこれらの席から遠巻きに拝むような感覚だと思っていただくとイメージしやすいかなと思います。

長岡まつり大花火大会のフェニックスエリア席ってどんな感じ?見え方や注意点は?花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。 日本三大花火の一つに称される長岡まつり大花火大会(長岡花火)。 そんな長...

フェニックス花火は綺麗に見える

復興祈願花火フェニックスや米百俵花火などの一部の花火については存分に楽しむことができます。

長岡まつり大花火大会におけるスターマインの大半は長生橋〜大手大橋で打ち上がりますが、上記で挙げた花火については大手大橋下流側でも打ち上げが行われます。

打ち上げ場所まで最短でおよそ600mとフェニックステーブル席やフェニックスエリア席と比べると迫力こそやや落ちるものの、これらの花火についてはほぼ正面に据えられることからおおむね綺麗な形で拝むことができます。

適度な距離感で超ワイドなスターマインを堪能できるのは嬉しいところです。

フェニックス花火以外はあまり楽しめない

一方でフェニックス花火以外の花火についてはほぼ楽しめないというのが正直なところでしょうか。

先述したとおり、長岡まつり大花火大会のスターマインの大半は長生橋〜大手大橋の区間で打ち上げられます。

大手大橋上流側の無料観覧席はこれらの花火に対して斜めに位置するため、形がどうしても歪になってしまいます。

迫力に関しては大手大橋寄りの観覧席であればある程度は得られますが、大手大橋に視界を阻まれることから低い花火が見えづらいという欠点があります。

また、正三尺玉については打ち上げ場所までの距離がおよそ1.5km程度離れることから、その超迫力を体感できないのが残念なところです。

フェニックス花火や米百俵花火以外もしっかりと楽しみたい方は別の場所から観覧するのが賢明です。

まとめ

A会場(右岸)の無料席は長生橋上流側と大手大橋下流側の二区画に分かれますが、ざっくり特徴をまとめると以下の通りとなります。

長生橋上流側
  • スターマインはそれなりに綺麗に見える
  • 長生橋と花火のコラボレーションが楽しめる
  • 正三尺玉を超迫力で楽しめる
大手大橋下流側
  • フェニックス花火は綺麗に見える
  • フェニックス花火以外はあまり楽しめない

長岡まつり大花火大会を無料観覧席でご覧になる方の参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m