中部地方の花火

長岡まつり大花火大会は無料観覧席(右岸)も面白い!長生橋とのコラボは一見の価値あり

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

日本三大花火大会の一つと称される長岡まつり大花火大会(長岡花火)。

長岡花火の右岸(A会場)にはいくつかの無料観覧席が用意されていますが、その一つが長生橋の上流側に設定されています。

長生橋の上流側の無料席では長岡のシンボルこと長生橋とともに花火が拝めるという噂を聞きつけ、お散歩がてらながめてみることに。

花火からの距離はやや離れるものの、長生橋越しに花火を楽しめる長岡らしい良きスポットでした。

長岡まつり大花火大会とは

長岡まつり大花火大会は新潟県で開催される花火大会の一つで、毎年8月2日〜3日の2日間に渡って開催されます。

2日間合計でおよそ20,000発、大きさは最大で30号(三尺)と、そのスケールは半端なものではありません。

全国花火競技大会(大曲の花火)、土浦全国花火競技大会と並んで日本三大花火大会としても称され、全国各地からおよそ100万人(2日間合計)がわらわらと押し寄せてきます。

※ざっくりとした歴史などは以下の記事も参考にしてみてください

長岡まつり大花火大会のベンチ席は花火を最高に楽しめるが注意点あり皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 日本三大花火大会の一つと称される長岡まつり大花火大会(長岡花火)。...

無料観覧席について

長岡花火のメイン会場にはいくつかの無料観覧席が設定されます。

花火観覧会場図[2019年時点](引用:長岡花火公式ウェブサイト)

左岸(B会場)は堤防の広範囲に設定されるのに対し、右岸(A会場)については長生橋の上流側と大手大橋の下流側に設定されます。

特に右岸は長生橋~大手大橋の区間がすべて有料観覧席となるため、左岸と比べると無料観覧席の設定範囲は限られます。

長岡花火を最大限に堪能するのであれば大手大橋~長生橋にかけて設定された有料観覧席からながめるのが個人的におすすめです。

実際に僕もベンチ席で観覧したことがありますが、スターマインを正面に拝めますし、長岡花火の見どころの一つであるナイアガラ大瀑布+正三尺玉のコラボレーションもバッチリ堪能することができます。

長岡まつり大花火大会のベンチ席は花火を最高に楽しめるが注意点あり皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 日本三大花火大会の一つと称される長岡まつり大花火大会(長岡花火)。...

しかし、大手大橋~長生橋の有料観覧席は基本的に抽選販売…落選した暁には残念ながらそのエリアへ入ることは叶わないわけです。

それでも長岡花火を見たいという場合には無料観覧席を利用するか、会場外からながめることになります。

長岡まつり大花火大会を長生橋上流の無料席(右岸)からながめる

ということで、チケット争奪戦に敗れた(もとい不戦敗)の僕はおとなしく長生橋上流の無料観覧席(右岸)からながめてみることに。

長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席

単発系の花火は一部の凝った変態玉を除き、おおよそどこから見てもだいたいは楽しめるようになっています。

長生橋上流側の無料席から打ち上げ場所までは約800mほど離れていることから迫力は落ちてしまうのが難点…このあたりは有料席がやっぱり強いなぁと感じてしまいます。

しかしまあ、それよりも…

 

 

 

長生橋さん、イケメンすぎやしませんか?!

 

 

 

長岡のイケメンこと長生橋と花火のコラボ、これはなかなかに趣があって良いものです。

さて、長岡花火で多数見られるスターマインは長生橋上流の無料席からはどう見えるでしょうか…。

長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席 長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席

通常、花火大会の無料席というとスターマイン系を斜めから見ることになりがちですが、実は長生橋上流の無料席はそれなりに綺麗に見えるのが特徴です。

迫力は有料観覧席にはかないませんが、スターマインの見え方だけでいえば右岸ベンチ席の一部(Hブロック)よりも綺麗に見えるんじゃないかなというぐらいです。

それにしてもこの花火、とんでもなく美しい…それもそうですよね、だって現代の名工こと野村陽一氏が率いる野村花火工業さんが創った花火ですから。(ちなみにこの花火が野村花火工業さんのものだと知るのはこの場所で見た3年後ぐらいの話なんですけどねw)

長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席

そういえばこの花火も美しいなーと惚れ惚れしながら見ていたんですが、いったいどこの煙火店さんが打ち上げたんでしょうか…色使い的にマルゴーさんあたりでしょうかね?

惚れ惚れするほど美しい花火をイケメンすぎる長生橋と同時に拝めるのは、非常に素晴らしいものがあります。

さて、長岡花火の目玉プログラムといえば何といっても「復興祈願花火フェニックス」ですが、全長2kmというバケモノ花火は果たしてどう見えるのやら…。

長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席

やや斜めから拝むことになるため本来のめっちゃ広い感じは味わいにくいのですが、フェニックス花火の全容を拝めるという点については嬉しいところ。

しかも長岡のイケメンこと長生橋と共に拝めるのですから、贅沢この上ないわけです。

それはそうと上の写真はフェニックス花火を初めて見た際に撮った写真なのですが、偶然にも舞い上がるフェニックスをほぼ完璧に捉えてしまいました。

これ、我ながら天才だと思うのですがいかがでしょうか?(これに味を占めて毎年フェニックスが舞った瞬間を狙ってはいるのですが、ことごとく失敗しているあたりやっぱり単なるまぐれだった模様…仕方ないよ、花火撮るの下手くそですから)

さて、長岡花火といえばもう一つ忘れてはならないのが直径600mにもおよぶ超大玉こと「正三尺玉」ですが、長生橋上流の無料席からは果たしてどのように見えるのでしょうか。

長岡まつり大花火大会@長生橋上流無料観覧席

 

 

 

YABEEEEEEEEEEEEEE!!

 

 

 

実はこの長生橋上流の無料席は正三尺玉の打ち上げ場所から最も近い観覧席となっていて、その大きさと迫力を最大級に味わうことができます。

ナイアガラ大瀑布とのコラボこそ見られないものの、最も近いところから正三尺玉が見られるのは非常に魅力的なんじゃないかなと思います。

ということで、長生橋の上流側に設置された無料席ですが…

  • 花火から距離があるので迫力にはやや欠ける
  • フェニックス花火の全容が拝める(見栄えはやや微妙)
  • 超迫力の正三尺玉が堪能できる(ナイアガラ大瀑布との同時鑑賞は不可)
  • 長岡のイケメンこと長生橋とともに花火がながめられる

といった感じでしょうか。

おわりに

長生橋上流側の無料観覧席からながめる長岡まつり大花火大会。

打ち上げ場所から距離があるがゆえに迫力にやや欠けたり、ナイアガラ大瀑布&正三尺玉が拝めないといったデメリットもありますが、長岡のイケメンこと長生橋と花火のコラボレーションが拝めるのが嬉しいところです。

個人的には右岸(A会場)側に用意された無料観覧席の中では割と良いんじゃないかなーと思っている次第です。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m