花火探訪記

川口花火大会は北赤羽駅側の土手からでも楽しめるのか?実際にながめてみた

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本国内では一年を通じてたくさんの花火大会が開催されていますが、その一つに埼玉県川口市で開催される川口花火大会があります。

川口花火大会のメイン会場は荒川運動公園となりますが、怪しげな(?)ブログを中心に混雑回避の穴場スポットとして北赤羽駅側の土手が紹介されています。

で、実際のところ北赤羽駅側の土手からでも川口花火大会は楽しめるのか?見え方はどうなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

本記事では北赤羽駅側から見る川口花火大会の様子について、写真を交えながら紹介してまいります。

川口花火大会は北赤羽駅側の土手からでも楽しめるのか?

さて、実のところ川口花火大会は北赤羽駅側の土手からでも楽しめるのでしょうか。

川口花火大会は都市部にほど近いところで開催されるがゆえか、どうにも怪しげな(?)トレンドブログを中心に穴場スポットの紹介が行われています。

で、その一つとしてメイン会場の対岸にあたる北赤羽駅側の土手が候補の一つとして挙げられているのです。

穴場と聞くと花火が綺麗に見えない、音が聞こえにくいといった場所が多いわけですが、果たしてどんな見え方をするのか…実際にながめてみることに。

夜景観賞の一環としては面白い

個人的な感想になってしまいますが、夜景観賞として考えると意外と悪くないかなーという印象です。

川口駅周辺の荒川沿いはタワーマンションがそこらへんからニョキニョキ生えていますが、北赤羽駅側から望むとタワマンの夜景がよく見渡せます。

東京のオフィスビル群やランドマークのような華やかさこそありませんが、なかなかに面白い光景を楽しむことができます。

迫力はやや落ちるが十分に得られる

メイン会場と比較すると迫力は落ちてしまいますが、花火からそう遠くない位置からの鑑賞であれば十分に得ることができます。

川口花火大会は最大4号玉と規模が小さめですが、メイン会場の場合は花火までの距離がかなり近く十分な迫力が得られます。

一方で北赤羽駅側の土手の場合、堤防の最上段かつ花火の正面に近い位置からだいたい450m程度離れているため、メイン会場と比較するとやや迫力が欠けてしまう傾向にあります。

ただ、メイン会場から極端に離れているわけではないので、ある程度の迫力を味わうことができるのは嬉しいところでしょうか。

低い花火は少々見えづらい

マイナスポイントとして、低い花火がちょっと見えにくいという点が挙げられます。

打ち上げ場所に対して正面の位置を確保できれば、花火の形そのものはおおむね綺麗に見ることができます。

しかし、北赤羽側駅側の土手には木がたくさんあるため、土手の上段から見た場合は低い花火が手前の木々に阻まれ見えにくい傾向にあります。

花火をフルで楽しみたい方はメイン会場での観覧がおすすめでしょうか。

ちなみにフィナーレではナイアガラ花火もありますが、残念ながら北赤羽駅側の土手からはその様子を拝むことはほぼできないので諦めましょう。

音楽などはおこぼれで聞こえてくる程度

最後に音響面ですが、正直なところおこぼれで聞こえてくる程度になります。

北赤羽駅側の土手は公式で用意されているメイン会場ではないため、当然ながら音響設備が存在いたしません。

先述のように北赤羽駅側の土手はメイン会場から極端に離れているわけではないため、実際のところわずかながら音楽やアナウンスは聞こえてきますが、演出を楽しめるというほどのものではありません。

川口花火大会のプログラムは全般的に音楽花火が多いですので、しっかりと楽しみたい方は音響設備が整ったメイン会場で楽しむことをおすすめいたします。

おわりに

本記事では川口花火大会を北赤羽側から見た所感を紹介してまいりました。

改めてざっくりまとめると…

  • 夜景観賞としては面白い
  • 迫力はある程度得られる
  • 低い花火が見えづらい
  • 演出はほぼ楽しめない

といったところでしょうか。

川口市内のマンション群と一緒に花火の写真を撮りたいという方は選択肢として考えても良いかなーぐらいのもので、演出もセットで花火を楽しみたいという方は素直にメイン会場で観覧することをおすすめいたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m