茨城県の花火

いばらきまつりフィナーレ花火とは?初めて見る方が知っておきたい情報まとめ

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

茨城県東茨城郡茨城町では例年11月にいばらきまつりというイベントが開催されていて、お祭りの締めくくりとしてフィナーレ花火が打ち上げられます。

さて、そんないばらきまつりはいつ開催され、どのような花火が打ち上がるのか気になる方も少なからずいらっしゃるかと思います。

本記事ではいばらきまつりのフィナーレ花火を主に初めて見る方向けに、概要や見どころなどについてざっくりと紹介してまいります。

いばらきまつりについて

いばらきまつりは茨城県茨城町の総合福祉センター『ゆうゆう館』で行われる開催される秋のお祭りで、町内最大のイベントとして親しまれています。

茨城町ではかつて「真夏の祭典 ふるさとふれあいまつり」と「茨城町商工祭」という二つのお祭りが開催されていましたが、これらを統合する形で1997年に誕生し現在に至ります。

統合前の名残からか、いばらきまつりとなった当初は夏と秋の年2回の開催でしたが、2000年以降は秋のみの開催となっています。

当日は多彩なステージイベントや地元の特産品を味わえる他、祭りの締めくくりではフィナーレ花火が盛大に打ち上げられます。

フィナーレ花火について

いばらきまつりの締めくくりとして、フィナーレ花火が打ち上げられます。

開催時期 例年11月上旬
場所 総合福祉センター『ゆうゆう館』南東側
打ち上げ数 不明
最大号数 10号玉(尺玉)
担当煙火店 野村花火工業
無料観覧席 あり
有料観覧席 なし
三脚利用 可能
Webサイト 茨城町公式ホームページ

花火の打ち上げは前身の「真夏の祭典 ふるさとふれあいまつり」から続く行事で、いばらきまつりに統合されてからも夏の部の締めとして花火の打ち上げが行われてきました。

しかし、2000年にいばらきまつり夏の部が中止となって以降、しばらく花火の打ち上げは途絶えることになります。

>> 広報いばらき お知らせ版(2000年7月15日)

2000年については代替としてニューイヤー花火大会(2011年1月1日 0:00〜およそ20分間)が実施されました。

>> 広報いばらき お知らせ版(2000年12月15日)

その後、2012年にフィナーレ花火として打ち上げが復活し、現在に至るまでいばらきまつりを締め括るイベントとして、また関東地区では希少な11月に開催される花火大会として現在に至ります。

>> 広報いばらき お知らせ版(2012年10月15日)

単打ち花火がメインとなるため打ち上げ数は少なめですが、秋の花火大会としては貴重な10号玉(尺玉)が見られるのが特徴となっています。

いばらきまつりフィナーレ花火の見どころ

いばらきまつりフィナーレ花火の見どころは、なんといっても競技会クラスの芸術的な花火が拝める点にあります。

この花火の打ち上げを担当する野村花火工業さんは全国花火競技大会(大曲の花火)や土浦全国花火競技大会で内閣総理大臣賞を受賞する経歴を持つなど、日本トップクラスの実力を誇ります。

いばらきまつりフィナーレ花火では、そんな野村花火工業さんが手がけた競技会クラスの芸術的な花火が惜しげもなく打ち上げられます。

10号玉(2019.11.4撮影)
ミュージックスターマイン(2019.11.4撮影)

芸術性の高い10号玉やミュージックスターマインに度肝を抜かれることでしょう。

いばらきまつりフィナーレ花火フォトギャラリー

※準備中

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しています。