花火の基礎知識

花火の形はどこから見ても同じとは限らない!?その理由をざっくり解説するよ

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本の花火大会では丸いものからハートやニコちゃんといったかわいらしいものまで、実にさまざまな形をした花火が打ち上がります。

そんな多種多様な形を持つ花火ですが、もしかすると皆さんの中には「花火はどこから見ても同じ形だよ」みたいなことを耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

果たして実際のところはどうなのでしょうか…写真などを交えながら解説していきます。

花火の形はどこから見ても同じとは限らない

いきなり結論になってしまいますが、実のところ花火はどこから見ても同じ形に見えるとは限らないというのが答えになります。

もう少し細かく分類すると…

  • どこから見ても同じ:丸い花火(菊・牡丹など)
  • 見る場所によって異なる:平べったい花火(型物)、スターマイン

といったところでしょうか。

文字だけだとイメージしづらいかもしれませんので、写真などを交えながら解説していきたいと思います。

丸い花火はどこから見てもほぼ同じ

まずは花火大会で最もポピュラーな丸い花火についてはどこから見てもおおむね同じ形をしています。

こちらは古来より存在する割物花火の一つこと菊型花火ですが、見る場所に関わらずだいたい同じ形をしていることが見て取れるかと思います。

打ち上げ花火って丸いの?平べったいの?その答えと仕組みをざっくり解説」という記事の中でも触れましたが、丸い花火は花火玉の中が立体的な構造となっています。

花火玉が開いた際に星が放射状に放たれるされることから、真横だろうが上空だろうがおおむね同じ形に見えるというわけです。

かなーりマニアックな話にはなりますが、同じ丸い花火でも見る角度によって若干の違いがあります。(これが競技会の結果に影響することもあるらしい)

>> 【花火の知識】「花火はどこから見ても同じ」は嘘だった?

また、丸い花火+平べったい花火で構成されたした花火(土星など)は観覧場所によって形が異なって見えます。

平べったい花火は見る場所によって形が異なる

続いて平べったい花火(型物花火など)については、見る場所によってまったく異なる形に見えます。

以下は2枚とも点滅しながらリングを描く花火ですが、同じ場所から見ているにも関わらずまるで別物に見えるんじゃないかなと思います。

たまたま僕自身が見たときには写真のような向きで見えましたが、別の角度から見ていた方にはまったく違った形に見えています。

こちらも「打ち上げ花火って丸いの?平べったいの?その答えと仕組みをざっくり解説」という記事の中でも触れていますが、平べったい花火は花火玉の中が平面的な構造となっています。

花火玉が開いた際に星と呼ばれる火薬が平面的に放出されることから、見る角度によって綺麗に見えたり、はたまた一直線に見えたりと形が異なって見えるというわけです。

スターマインも見る場所によって形が異なる

スターマインも見る場所によって形が大きく異なる花火の一つです。

こちらはほぼ同じシーンのスターマインをそれぞれ異なる角度からながめたものとなりますが、形が明らかに別物だということが見て取れるかと思います。

特に幅のあるスターマインほど影響は顕著で、打ち上げ場所の中心部から見ると最もワイド感を味わえますが、大きく外れた位置から見るとワイド感が大きく薄れてしまいます。

このあたりはお手元にある定規や鉛筆といった横長な物体を異なる角度から見ていただくと、よりイメージしやすいんじゃないかなと思います。

無料観覧席や穴場と称されるスポットから見た際にスターマインの形が綺麗に見えないのは、打ち上げ場所に対して斜めの位置から見ているからというのが大きな理由です。

花火大会を穴場スポットで観覧するメリットとデメリット皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。 日本各地では夏場を中心にあちこちで花火大会が開催されます。 ...

まとめ

日本の花火大会では様々な形をした花火が見られますが、実はどこから見ても形が同じとは限りません。

ざっくりとまとめると…

  • 丸い花火(菊、牡丹など):どこから見てもおおむね同じ形
  • 平べったい花火(型物):見る角度によって形が異なる
  • スターマイン:見る角度によって形が異なる

といった感じになります。

その理由としては花火玉そのものの構造や筒の配置が関係していることが挙げられます。

花火大会をご覧になる際はそのあたりを頭の片隅に置いた上で楽しんでいただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m