写真撮影

おすすめの構成は?花火写真の撮影で使う三脚の選び方

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

花火撮影は長時間露光による撮影となるため、特殊な撮影をする場合を除いて三脚が必需品となります。

ひとくちに三脚といっても非常に種類も多く、花火写真の撮影をするにあたってどんな製品を選んで良いか分からない…という方も少なからずいらっしゃるかと思います。

ということで、今回は花火撮影に使う三脚の選び方について、ざっくりとまとめてみました。

花火写真の撮影に使う三脚の選び方

花火写真の撮影におすすめな三脚の構成をざっくりまとめると以下の通りとなります。

素材 カーボン(アルミでも可)
雲台 3way(ボール雲台でも可)
耐荷重 使用するカメラとレンズによる
パイプ径 同上
段数 3段もしくは4段
全伸高 高いほど有利
格納高 航空機の手荷物として持ち込む場合は要チェック

三脚を選ぶにあたっての重要なポイントは安定性と持ち運びやすさはトレードオフという点に尽きます。

一般的に三脚は大きくて重いほど安定性が増す傾向にありますが、移動手段によっては持ち運びに支障が出る場合があります。

一方で小さくて軽いほど持ち運びやすさは増しますが、たわみなどが生じると撮影時のブレや機材の破損につながる恐れがあります。

そんなわけで「この三脚がおすすめ!」といった画一的な答えを導き出すことができないのが三脚選びの悩ましいところですが、必要な安定性と主たる移動手段などに応じて選んでいくことで、ご自身にとってぴったりの三脚が見つけやすくなるかと思います。

素材

花火写真の撮影で使う三脚を選ぶポイント:素材

個人的にはカーボンファイバー素材の三脚をおすすめします。

三脚の素材には主にアルミとカーボンの二種類がありますが、カーボン素材の三脚を使用する主なメリットとしては…

  • 軽量(アルミ素材と比較して2~3割程度)
  • 振動を吸収しやすい
  • 寒い場所でパイプに触っても冷たくない

という点が挙げられます。

デメリットとしてはアルミ素材の三脚と比較して価格が高くなる傾向にあるため、どうにも価格が気になるという方はアルミ製の三脚を使用しても特に問題はありません。

雲台

個人的には3WAY雲台がおすすめです。

雲台とは三脚にカメラを固定させるアクセサリーのことで、以下のような種類があります。

  • ボール雲台(自由雲台)
  • 3WAY雲台
  • ギア雲台
  • ビデオ雲台

このうち、花火写真の撮影で主流となる雲台としてはボール雲台と3way雲台の2種類となります。

両者の違いをざっくりまとめると以下の通りとなります。

雲台の種類 ボール雲台 3way雲台
重量 軽い 重い
水平方向(パン)の調整 自由度が高い 一定方向のみ
垂直方向(チルト)の調整 自由度が高い 一定方向のみ
アルカスイス互換対応製品 多い 非常に少ない

花火写真は撮影中に構図を微調整する機会が意外と多くありますが、水平方向と垂直方向の調整がメインとなります。

水平方向と垂直方向の調整を行うにあたり、3way雲台の方がよりスムーズに調整することができるので有利です。

しかしながら、3way雲台にも以下のような弱点もあります。

  • ボール雲台と比較して重い&かさばる
  • アルカスイス互換対応の雲台が非常に少ない

上記の要件をクリアしたい場合にはボール雲台を選択するのも一つの手です。

ボール雲台のうち、フリクション調整機能の付いた製品は水平および垂直方向の調整が幾分しやすくなるのでおすすめです。

なお、雲台については三脚に付属する製品とそうでない製品があり、特に高価格帯の三脚ほど付属しない傾向にあるため別建てて選ぶようにしましょう。

耐荷重

使用するカメラとレンズによって大きく変わってきますが、おおよその目安として積載する撮影機材の2~3倍程度の三脚を選ぶのが個人的におすすめです。

機材の総重量 耐荷重の目安
500g 1~1.5kg
750g 1.5~3kg
1kg 2~3kg
1.5kg 3~5kg
2kg 4~6kg
2.5kg 5〜8kg
3kg 6〜9kg

耐荷重とは三脚が安全に支えられる機材重量の上限のことで、搭載する機材の重量に合わせて適切に選択する必要があります。

注意点として、耐荷重は各三脚メーカーで基準がまちまちなため、実際には耐荷重を満たしていてもたわみなどによってブレが起こる可能性があります。

明確な基準が存在しないということで悩ましいところですが、搭載する機材の重量に対してある程度の余裕を持った耐荷重を有した三脚を選ぶことをおススメします。

先述のように耐荷重に関しては明確な基準がなく各社で基準がバラバラなため、後述するパイプ径とセットで検討することをおすすめします。

パイプ径

耐荷重と同様に使用するカメラとレンズの規模によって大きく変わり、目安としては以下の通りとなります。

パイプ径 最適な機材
20mm
  • ミラーレス一眼カメラ(マイクロフォーサーズ程度)
24mm
  • 一眼レフカメラ(APS-C程度)
  • ミラーレス一眼カメラ(APS-C〜フルサイズ程度)
28mm
  • 一眼レフカメラ(フルサイズ+標準レンズ程度)
32mm
  • 一眼レフカメラ(フルサイズ程度+望遠レンズ程度)

パイプ径とは一番上の脚の太さのことを示したもので、パイプ径が太いほど三脚の安定性が増す傾向にあります。

撮影機材の構成に対してパイプ径が細いとたわみやぐらつきの原因となってしまい、撮影時にブレなどが生じてしまうこともあります。

特に花火写真の撮影は長時間露光となることからパイプ径についてはあまり妥協せず、上記の表を最低ラインに検討していただくことをおススメします。

段数

3段もしくは4段がおすすめです。

段数とは脚を引き延ばした際の段数のことで、三脚の安定性と持ち運びやすさに大きく関わってきます。

早い話、段数が少ないほど安定性に優れ、多いほど持ち運びがしやすくなるというメリットがあります。

したがって…

  • 安定性重視:3段
  • 持ち運び重視:4段

といった感じで選ぶのが個人的にはおすすめでしょうか。

ちなみに5段以上の三脚もありますが、安定性を考えると4段ぐらいに留めておくのがよろしいかなと思います。

全伸高

高ければ高いほど有利な傾向にあります。

全伸高は三脚を目いっぱい伸ばしたときの高さのことをいいます。

花火写真の撮影では観覧席の後方から撮影する場面も多くありますが、全伸高が高い三脚を持っていると観客の頭上や障害物を越えられるといった点で有利になる場合があります。

ただし、全伸高が高くなればなるほど以下のようなデメリットもあります。

  • 持ち運びやすさが損なわれる
  • 身長を大きく超えるような場合には踏み台などが別建てて必要になる

このあたりは主たる移動手段や体力面なども考慮した上で、全伸高を決めていくのがよろしいかと思います。

三脚メーカーが公表している全伸高は大きく二種類あります。

  • 三脚の脚をすべて伸ばした状態の高さ
  • センターポールを最高地点まで引き上げた状態の高さ

安定性を考える場合、前者の高さが重要になってきますので頭の片隅に置いといていただければと思います。(センターポールを伸ばすと安定性が落ちる傾向にあるため、緊急用と考えておくのが妥当です)

格納高

持ち運びに影響する部分ですが、特に長距離の遠征で航空機の手荷物として三脚を持ち込みたい場合には注意する必要があります。

格納高とは三脚を収納した状態における高さのことをいいます。

花火撮影を行う際は荷物が全般的に多くなりがちですので、機材全体をなるべくコンパクト化したいといった場合においてポイントの一つとなってきます。

特に遠方で花火を撮影する方のうち、航空機での移動が伴うかつ機内持ち込みをしたいといった場合には格納高が60cm以下の三脚を選ぶようにしましょう。

ちなみに格納高をコンパクトに収めたいという方は、トラベル三脚を選ぶのも一つの手です。

シーンに応じて複数の三脚を使い分けるのもあり

撮影する場所や移動手段に応じて複数の三脚を使い分けるというのも一つの手です。

例としては安定感のある中型~大型の三脚をメインに使い、移動手段に応じてトラベル三脚を使い分けるといった感じ。

しれっとプロフィールにも書いてありますが、僕も花火写真の撮影において2台の三脚を使い分けています。

  • GITZO GT2542
  • Manfrotto befree GT

両者の違いとしては以下の通りです。

三脚 GITZO GT2542 Manfrotto befree GT
イメージ
素材 カーボン カーボン
重量 1.7kg(雲台除く) 1.55kg(雲台込み)
耐荷重 18kg(雲台除く) 10kg(雲台込み)
段数 4段 4段
全伸高 137.5cm(雲台除く) 138cm(雲台込み)
全伸高(センターポールを伸ばした状態) 170cm(雲台除く) 162cm(雲台込み)
格納高 56cm 43cm
雲台 別売 ボール雲台(MH-496BH)

基本的には安定性と傾向性に優れたGITZO GT2542を使用し、混雑した交通機関や航空機を使用する場合など機材を多く持ち運べない場合にはManfrotto befree GTを使用するといった感じでの使い分けとなります。

このあたりは予算の兼ね合いにはなってくるかと思いますが、主たる交通手段などに応じて使い分けられるのは意外と便利なので個人的におすすめです。

まとめ

花火写真の撮影に欠かせない三脚。

改めて選ぶ際のポイントをざっくりまとめると以下の通りとなります。

  • 素材:カーボン推奨
  • 雲台:3WAY推奨
  • 耐荷重:搭載機材の重量×2~3倍を目安
  • パイプ径:大型な機材ほどパイプ径を重視すべし
  • 段数:3段 or 4段
  • 全伸高:高いと有利なケース多し
  • 格納高:航空機で移動かつ機内へ持ち込む場合には要注意

三脚選びは安定性と持ち運びやすさのトレードオフになるがゆえ、画一的な答えがないのがなかなかに悩ましいところではありますが、本記事が花火写真の撮影で使う三脚選びの助けになれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m