写真撮影

おすすめは?花火撮影に適したNDフィルターの選び方

皆さん、おはこんばんちは。おーわ(@mof_mof08)です。

花火写真の撮影で厄介な白飛びを防止する方法の一つとして、NDフィルターを併用する方法が挙げられます。

ところがNDフィルターは種類も多く、花火撮影にはどんなNDフィルターが適しているか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は花火撮影に適したNDフィルターの選び方についてまとめてみました。

花火撮影におけるNDフィルターの必要性

さて、花火写真の撮影においてNDフィルターが有効な理由としては…

  • 絞りすぎによる画質の低下(回折現象)を防げる
  • 絞りを絞っただけでは白飛びを防げない花火にも対応できる

の2点が挙げられます。

花火写真の撮影でもっとも厄介な白飛びを防止するための方法」という記事でも紹介しましたが、花火写真の撮影で白飛びを防ぐためには…

  • 絞りを絞る
  • NDフィルターを併用する

という2点の方法が挙げられます。

この他に拡張ISO感度を使って露出を抑える方法もありますが、画質の劣化を招くためおすすめできません。

>> デジタルカメラにおける3つのISO感度(基準、常用、拡張)の違い

絞りを絞って調整した場合、絞りすぎると小絞りボケ(回折現象)によって花火の線が綺麗に写らないといった問題が生じてきます。

また、クライマックスなどでよく見られる錦冠や銀冠といった明るい花火についてはレンズの限界まで絞ったとしても白飛びすることが多々あります。

NDフィルターを併用することで、上記で挙げた問題をクリアしつつ露出を抑えることができるようになります。

花火撮影におすすめなNDフィルター

さて、花火撮影におすすめのNDフィルターとしては…

  • 濃度:ND4~16
  • タイプ:全周orハーフ

あたりが軸となってきます。

ひとくちにNDフィルターといっても濃度や形状がさまざまあるわけですが、花火大会の規模や撮影場所によって最適なNDフィルターが大きく変わってきます。

シーンに応じて適切にNDフィルターを選ぶことで、より理想的な花火写真へと近づけることができるようになりますので押さえておきましょう。

濃度

NDフィルターの濃度はお使いのカメラのベース感度や花火の大きさなどによって異なってきますが、おおむねND4~16あたりが個人的におすすめです。

もう少し紐解くと、以下のような感じとなります。

ベース感度 小規模(5号以下) 大規模(8号以上)
ISO100 ND4 ND8
ISO200 ND8 ND16

花火写真において見た目にほど近い明るさを得るためには…

  • 絞り:F8.0
  • シャッタースピード:4~8秒程度
  • ISO感度:100

あたりが目安となってきます。(NDフィルターなしの場合)

適正露出の花火写真の例適正露出の花火写真の例(F8.0、SS5.5秒、ISO100)

花火写真の撮り方講座〜第1回 撮影の準備〜」という記事の中でも触れていますが、花火大会によって打ち上がる花火の大きさが異なります。

花火の大きさが異なれば、必要となるシャッタースピードも大きく変わってきます。

花火の大きさによるシャッタースピードの違い(単発の場合)
花火の大きさ 必要なシャッタースピード(目安)
4号玉 約5秒
5号玉 約10秒
8号玉 約12秒
10号玉(尺玉) 約15秒
20号玉(二尺玉) 約20秒
30号玉(三尺玉) 約25秒

さて、先ほど花火を見た目に近い明るさで撮るためにはF8.0、シャッタースピード5秒、ISO感度100が目安だとお伝えしました。

4号玉ぐらいのサイズであればNDフィルターがなくてもさほど問題はないのですが、10号玉(尺玉)クラスともなると1.5段(1.5EV)も明るさが違ってきます。

※段(EV)について詳しくはstudio9さんの記事が分かりやすいので参考にしてみてください

>> カメラの”○○段”、”××EV”を簡単解説!始めから丁寧に紹介するよ! – studio9

尺玉クラスの花火を絞りF8.0、ISO100で撮影する場合、単純計算でND4~8を使用することで白飛びのリスクを減らすことができます。

ただし上記はあくまでも単発花火の場合の話であり、スターマイン系の花火では単発の花火と比べてシャッタースピードがより長くなる傾向があります。

また、ベースISO感度が200のカメラをお使いの場合はベースISO感度が100のカメラと比較して1段明るい状態からのスタートとなるため、1段分濃いNDフィルターを使うと白飛びのリスクを減らすことができます。

NDフィルターの濃度を選ぶ基準としては…

  • 打ち上がる花火の大きさ
  • カメラのベース感度

を踏まえた上でND4~16の範囲で選択することを個人的におすすめします。

形状

続いて花火撮影におすすめなNDフィルターの形状についてですが…

  • 花火のみを撮影する場合:通常タイプ
  • 花火+副題を撮影する場合:ハーフタイプ

を軸に選ぶのがおすすめです。

通常タイプのNDフィルターは写真全体に効果がかかるため、花火のみを撮影したいといった場合に効果的です。

また、複雑な地形をした夜景と花火を組み合わせて撮影する場合においても通常タイプのNDフィルターが適しています。

一方で花火+副題(観客席など)を撮影する場合には主題となる花火と副題との間で明暗差が大きくなるため、ハーフNDフィルターの使用がおすすめです。

花火+副題という構図においてハーフNDフィルターを使用することで、花火の白飛びを防ぎつつ副題の黒つぶれを同時に抑えることができます。

近年では非常に明るい噴射花火とセットで打ち上がるスターマインも多いため、花火をメインに撮影する場合においてもリバースタイプのハーフNDフィルターが威力を発揮する場面が多々あります。

リバースタイプのハーフNDフィルターは中央部に減光効果が最も強くかかるため、非常に明るい噴射花火の白飛びを効果的に抑えてくれます。

以上のように、NDフィルターの形状については撮影するロケーションによって使い分けるのが個人的におすすめです。

NDフィルターが装着できないレンズもある

花火写真の白飛び回避に効果的なNDフィルターですが、レンズによっては装着できない場合があります。

特に花火写真の撮影において使用頻度が高い超広角レンズ(魚眼レンズを含む)には物理的にフィルターの取り付けが困難なものも多くあります。

NDフィルターを導入するにあたっては、お使いのレンズにフィルター類の装着ができるかどうかあらかじめ確認するようにしましょう。

焦点距離や開放F値は?花火写真の撮影にはどんな交換レンズがおすすめかおはこんばんちは、おーわ(@mof_mof08)です。 一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラを使っての花火写真の撮影を行う際、現場...

まとめ

花火写真の撮影におすすめなNDフィルターをざっくりまとめると以下の通りとなります。

濃度 打ち上がる花火の大きさとカメラのベースISO感度に応じてND4~16から選択。
タイプ 花火が主体もしくは副題が複雑な地形の場合は全周タイプ、副題が比較的単純な地形となっている場合はハーフタイプが推奨。

花火は非常に白飛びしやすい被写体ですが、NDフィルターを導入することで画質を保ちつつ白飛びを防ぐことができます。

花火写真の撮影に向けてNDフィルターを導入する際の参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m