花火探訪記

2020あしかがほほ笑み花火開催 栃木・足利に「光」と「ほほ笑み」が届けられる

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

栃木県足利市では年末に花火の打ち上げが行われてきましたが、2019年の台風19号(令和元年東日本台風)による被災をきっかけにあしかがほほ笑み花火が誕生しました。

コロナ禍に揺れた2020年ですが、「ほほ笑み」を届けるべく2020年12月19日に開催されることになりました。

本記事では2020年のあしかがほほ笑み花火の様子について紹介してまいります。

あしかがほほ笑み花火について

あしかがほほ笑み花火は栃木県足利市で行われている冬の行事です。

元々、足利市では年末に花火の打ち上げが行われていましたが、2019年に発生した台風19号(令和元年東日本台風)の影響により、会場となっていた渡良瀬川河川敷が被害を受け開催が困難な状況に陥ります。

しかしながら市民からの強い要望などを受け、須永花火田島煙火工場さんが主催する形であしかがほほ笑み花火として開催される運びとなりました。

※2019年のあしかがほほ笑み花火の様子については以下の記事をご覧ください

>> あしかがほほ笑み花火。台風19号の被災地・被災者へ想いを込めて。|オマツリジャパン|毎日、祭日

栃木・足利に「光」と「ほほ笑み」を!2020あしかがほほ笑み花火が開催される

コロナ禍により全国の花火大会が中止もしくは延期となりましたが、2020あしかがほほ笑み花火が開催されることが決まりました。

開催日時 2020年12月19日 18:00~18:30
場所 足利渡良瀬運動場
打ち上げ数 約1,000発
最大号数 4号玉
担当煙火店 須永花火田島煙火工場
無料観覧席 なし
有料観覧席 なし
三脚利用 可能
Webサイト 2020 あしかがほほ笑み花火|須永花火田島煙火工場

ざっくりとしたプログラム構成は以下の通り。

  • 枠仕掛け花火
  • ミュージック花火

まずは協賛企業・団体名を読み上げつつ枠仕掛け花火が次々と点火されていきます。

全幅およそ100mほどに渡って続く壮大な枠仕掛け花火はなかなかに壮観です。(上の写真は全11団体分の枠仕掛け花火を合成したものですが、2団体分が抜けてしまいましたw)

続いては音楽に合わせて花火の打ち上げが行われます。

前半はこの時期らしく「A Whole New World(テクノ調アレンジ)」に、後半には2020年を席巻した鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」に合わせて小気味良く花火が打ち上げられていきます。

通常の花火大会ではなかなか見られないDJを有するスタイルで音楽花火が実施されるのも、あしかがほほ笑み花火の面白いところです。

花火の大きさは最大で4号玉と控えめですが、打ち上げ場所から観覧場所までの距離が非常に近いこともあってか迫力は相当なものです。

写真では分かりにくいですが、堤防の最上段からでも首を60°ぐらい傾けて見上げるレベルだといえば、その近さが伝わりやすいでしょうか。

ところで写真をご覧になって「なぜにウェディングドレス&タキシード姿のお二方が?!」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、実は花火を打ち上げる前に結婚式が行われました。

結婚式に花火とまさに見る者に「ほほ笑み」を与える素敵なイベントでございました。

おわりに

2019年に引き続き開催されることとなったあしかがほほ笑み花火。

台風災害やコロナ禍で後ろ向きになりがちなご時世に、結婚式&花火という「ほほ笑み」をもたらす「光」が届けられました。

一般的な花火大会と比べると規模は小さいですが、栃木・足利の方々の想いの詰まった冬花火をぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。(足利経済新聞によると2021年は12月25日に開催が予定されているとのことです)

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m